ヴィンディエーテ株式会社オフィシャルサイト

VINDIATE認定サロンのご案内

  • HOME »
  • VINDIATE認定サロンのご案内

近年の再生医療の輝かしい発展により、日本でも飛躍的進歩を遂げている「ヒト幹細胞培養液」化粧品。  
従来の化粧品では叶わなかった、根本から健全な肌に導くことが美容サロンで可能になりました。  
今やエステサロンは「癒しの場」「ご褒美の場」だけではなく、プロにしかできない技で「若かった頃の肌を取り戻す場」という「メディカルトリートメント」(※適切に処置すること)が必要とされています。 
VINDIATEでは〝永遠のサロン繁栄〟〝永遠のお客様づくり〟をモットーに、プロフェッショナルの手技に「幹細胞培養液」の可能性を加えてサロンで最大限に効果を引き出していただけるよう、最高品質の商品・技術・知識・ノウハウをご提供いたします。 
  
今までのエステでは成し得なかった〝革新的実力〟を、サロンからお客様へ。

VINDIATE公認サロン

VINDIATEでは、サロン運営されている(または、これから開業予定)の方に向けて、セルミエールをカウンセリング化粧品としてお取り扱いいただけます。 
なおクオリティーの高い製品のため、販売や施術には正しい美容知識やそれに基づいた皮膚学、トリートメント方法が必要となり、それを有した専門販売スタッフの対面カウンセリングが不可欠となります。  
そこでセルミエール製品をお取り扱いいただくにあたって発足したのが「VINDIAT公認サロン制度」です。 
お取り扱いにおける条件をクリアいたしますと弊社公認サロンとして認定いたします。

対象となる業種 エステティックサロン 美容室・理容室 リラクゼーション系サロン ネイルサロン スパ・岩盤浴 フィットネスクラブ・ヨガスタジオ クリニック・整体院・鍼灸院 その他弊社が事前に許可した商業施設・販売会社
I 充実した研修制度

日々進歩する美容理論や美容技術。弊社はさまざまな最新情報をいち早く発信いたします。導入前にはセルミエールを正しく理解していただくための皮膚学・商品知識・技術研修を実施し、サロンでの実践的なカウンセリング・販促・見直し研修など、必要に応じて手厚いフォローアップをしてまいります。

研修の模様
Ⅱ 認定証の贈呈

導入条件を満たし、かつ講習会修了後にはVINDIATE公認サロンを証明する「認定証」が発行され、お取引が開始となります。 

※「VINDIATE公認サロン認定証」の発行には数週間お時間を頂戴することがあります。

認定証
Ⅲ エスシー650導入可能

サロン・クリニックでの施術専用幹細胞美容原液をお取り扱いいただくことが可能です。  
導入機器との併用で高濃度配合のヒト幹細胞培養液のパフォーマンスをスピーディーに上げ、お肌の根本から若さを取り戻します。。

エスシー650
プロユース専門アイテム
従来の化粧品を圧倒的に超えた革新的エイジング美容液
エイジングイメージ
エイジング ケア

ヒト幹細胞培養液※1を配合し、年を重ねた肌を健やかにします。 
お肌のうるおいを保つことで柔軟さをキープし、キメを整えてハリやつやを与えます。

相乗効果

肌専用に開発されたビタミンC※2とペプチド※3成分を配合し、ワントーン 明るい透明感を引き出して内側から弾むようなハリのあるお肌へ導きます。

製造工程
浸透のイメージ
浸透性

有効成分をお肌のすみずみまで行き届かせて、うるおいでお肌を満たします。 乾燥による小じわを目立たなくし、なめらかなお肌を維持します。

※1ヒト幹細胞順化培養液 ※2ヒアルロン酸アスコルビルプロピル ※3カプリロイルジペプチド-17 ※4角質層まで

―使用上の注意―
本商品は保存料(防腐剤)を 使用していないため、冷蔵保管で管理をしてください。
開封後は速やかに使い切ることをお勧めいたします。

VINDIATE公認サロンまでの流れ
問い合わせイメージ
STEP1 問い合わせ

お問い合わせフォームまたはお電話にて お気軽にお問い合わせください。

下矢印
訪問イメージ
STEP2 訪問・デモンストレーション

プロユース製品のためサロン様にお伺いし、 製品紹介(デモンストレーション)や サロン様に最適なご提案をさせて頂きます。

下矢印
VINDIATE商品イメージ
STEP3 サロン使用製品のご購入

サロンでご活用いただく弊社製品をご準備ください。 
※弊社規定あり

下矢印
研修イメージ
STEP4 研修・講習会

サロンでの導入後、弊社開催の講習または店舗研修をご受講ください。 
その後 正式に「正規取扱店」として認定されます。

PAGETOP

©2014- Vindiate Co. Ltd All Rights Reserved.

当サイトに掲載のコピーおよび画像等、すべてのデータを無断で複写・転載することは、著作権法等で禁じられています。